オペラ『ばらの騎士』

公演名 平成29年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業(共同制作支援事業)
iichiko総合文化センター、愛知県芸術劇場、東京文化会館、東京二期会、
名古屋フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団 共同制作
オペラ『ばらの騎士』


クリックすると
PDFでご覧頂けます
日時2017年11月5日(日) 開場12:15 開演13:00 終演予定17:00
会場iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
出演 作 曲:リヒャルト・シュトラウス
台 本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール
指 揮:ラルフ・ワイケルト
演 出:リチャード・ジョーンズ
管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団
合 唱:二期会合唱団
料金 GS席12,000円 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円 C席4,000円
U25割(A-C席各半額)、桟敷席(3階席、高校生以下)1,000円、
びび割(各10%割)※U25割とびび割の併用不可
チケット発売発売中
チケット取扱
友の会びびチケット専用電話097-533-4005
iichiko総合文化センター 1階 プレイガイド097-533-4002
iichiko総合文化センター ホームページ
インターネット予約はこちら
トキハ会館 3階 プレイガイド097-538-3111
二期会チケットセンター03-3796-1831
別府ヱトウ南海堂0977-22-0827
チケットぴあ(セブンイレブン各店)(Pコード:329-952) 
ローソンチケット(ローソン各店) (Lコード:81480) 

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合がございます。
お問合せiichiko 総合文化センター 097-533-4004
主催iichiko総合文化センター[公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団]、
公益財団法人 愛知県文化振興事業団(愛知県芸術劇場)、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化会館)、
公益財団法人東京二期会、公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団、公益財団法人読売日本交響楽団
特別協賛三和酒類株式会社
協賛株式会社メニコン、クラシカ・ジャパン、全日本空輸株式会社大分支店、九州旅客鉄道株式会社大分支社、
臼杵ふぐ割烹みつご、三栄建設工業、市原EP事務所、清末会計事務所、十割そば円寿
後援大分県、大分市、大分合同新聞社、OBS大分放送、TOSテレピ大分、OAB大分朝日放送、
大分ケーブルテレコム、エフエム大分、ゆふいんラヂオ局、シティ情報おおいた
注意・備考 ●未就学児は入場できません。無料の託児サービス(満1オ以上未就学児まで)をご利用ください。
 (10/30(月)17:00締切、先着10名)
●U25割は25歳以下の方が対象です。取扱いはiichiko総合文化センター1階インフォメーション、HPのみ。
●車椅子席、団体割引(20名以上)、託児サービスは 097-533-4004 までお問合せ下さい。
●上演中の客席への入場は制限させていただきます。
●やむを得ない事情により、出演者などが変更されることがあります。
●ご予約後の変更およびキャンセルはお受けできません。
●公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの変更および払戻はいたしません。

STORY 〜あらすじ〜

元帥夫人(想定32歳)とその恋人オクタヴィアン(想定17歳)が、愛を語らうシーンから始まります。朝食を摂ろうとしたその時、元帥夫人の従兄弟、オックス男爵が結婚の申し込みの使者「ばらの騎士」選定の相談に訪れます。突然の訪間に身を隠したオクタヴィアンですが、小間使いの様相で女装して二人の前に現れます。名前はマリアンデル。女好きの男爵は彼女に一目惚れ。

元帥夫人は、ばらの騎士にオクタヴィアンを推薦します。朝の謁見(元帥夫人のお仕事)をこなしながら、夫人はいずれ若い恋人が若い女性に心を移すこと、その若い恋人を引き留めることができない自分が年を重ねること(老いていく自分)を嘆きます。《♪私にも娘の時代があった》

そしてオクタヴィアンは、ペルシャ製の極上のばらの香料を落とした銀のばらを携え、男爵の結婚相手、貴族へ仲間入りすることに憧れる玉の輿狙いのファーニナル家のゾフィー(想定15歳)のもとへ参ります。ばらを渡して顔を合わせた瞬間、心惹かれる二人。《♪この世のものとは思えぬ天上のばら》、《♪目に溢れんばかりの愛をたたえ》

ばらの騎士到着後、結婚相手となるオックス男爵がファーニナル家を訪れますが、その租野で下品な振る舞いにゾフィーは、男爵との結婚を嫌がり、オクタヴィアンも結婚させたくないと考えます。しかし、ゾフィーの父親は、娘が不幸になっても貴族へ嫁入りさせることを重要と考えます。

そこで、オクタヴィアンはマリアンデルに扮し、オックス男爵の本性を暴きにかかり、ドタバタ劇が繰り広げられます。そこに元帥夫人が現れ、驚くオクタヴィアン。《♪マリー・テレーズ!》状況を察したオックス男爵はその場を立ち去ります。元帥夫人は若い二人をみて、身を引くことを決意し、姿を消します。二人だけになった若い恋人たちは歌い、幕が下ります。

公演写真:2017年7月東京文化会館での公演より提供:(公財)東京二期会 © 三枝近志

CORRELATION DIAGRAM 〜相関図〜

CAST 〜出演〜

関連企画