オペラ『魔笛』

公演名平成28年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業
iichiko総合文化センター・神奈川県民ホール・東京二期会・
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 共同制作公演
オペラ『魔笛』


クリックすると
PDFでご覧頂けます
日時2017年3月11日(土) 開場13:15 開演14:00 終演17:00 予定
会場iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
出演
川瀬 賢太郎(指揮)

勅使川原 三郎(演出・装置・照明・衣裳)

ザラストロ:大塚 博章(バス)夜の女王:安井 陽子(ソプラノ)
タミーノ:鈴木 准(テノール)パミーナ:嘉目 真木子(ソプラノ)
パパゲーノ:宮本 益光(バリトン)パパゲーナ:醍醐 園佳(ソプラノ)
侍女Ⅰ:北原 瑠美侍女Ⅱ:磯地 美樹
侍女Ⅲ:石井 藍弁者&神官Ⅰ:小森 輝彦
モノスタトス:青栁 素晴神官Ⅱ:升島 唯博
武士Ⅰ:渡邉 公威武士Ⅱ:加藤 宏隆
ダンス&ナレーション、演出助手:佐東 利穂子ダンス:東京バレエ団
合唱:二期会合唱団

管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

合唱指揮:大島義彰演出助手:太田麻衣子
舞台監督:八木清市
料金[全席指定]GS席 12,000円、S席 10,000円、A席 8,000円、B席 6,000円、C席 4,000円
U25割(25歳以下)A〜C席半額、桟敷席(3階席、高校生以下限定)1,000円

※びび割各10%割引(U25割との併用なし)、U25割と桟敷席は、iichiko総合文化センター1Fインフォメーション、HP購入のみ
チケット発売中
チケット
取扱
iichiko総合文化センター ホームページ
インターネット予約はこちら
iichiko総合文化センター 1階 インフォメーション097-533-4006
トキハ会館 3階 プレイガイド097-538-3111
別府ヱトウ南海堂0977-22-0827
ローソンチケット[Lコード:82388]0570-000-407
チケットぴあ[Pコード:308-489]0570-02-9999
セブン-イレブン〈店内マルチコピー機 セブンチケットボタンより〉
お問合せiichiko総合文化センター [(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団] 大分市高砂町2-33 097-533-4004
主催iichiko総合文化センター[(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団]、神奈川県民ホール[(公財)神奈川芸術文化財団]、
(公財)東京二期会、(公財)神奈川フィルハーモニー管弦楽団
後援大分県、大分県教育委員会、大分市、大分合同新聞社、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、
OCT大分ケーブルテレコム、エフエム大分、ゆふいんラヂオ局、シティ情報おおいた
特別協賛三和酒類株式会社
注意・備考 ・上演中の客席への入退場は制限させていただきます。
・やむを得ない事情により、出演者などが変更されることがあります。
・ご予約後の変更およびキャンセルはお受けできません。
・公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの変更および払い戻しはいたしません。
・未就学児童の同伴はご遠慮ください。
 無料託児サービスをご利用ください(要申込:3月5日(土)17:00まで/満一歳児から未就学児/定員10名)。
 託児および車イス席のご予約は、iichiko総合文化センター097-533-4004までご連絡ください。

[あらすじ]STORY

W.A.モーツァルト

W.A.モーツァルト

王子タミーノは、大蛇に襲われ気を失い、夜の女王の侍女である3人の女性たちに助けられる。鳥刺しパパゲーノが通りがかり、自分がタミーノを助けたとうそをつく。戻ってきた侍女たちから女王の娘、パミーナの肖像画を見せられたタミーノは一瞬で彼女に一目惚れをし、悪者ザラストロに捕らわれているパミーナの救出を誓う。
侍女たちは救出に向かうタミーノにお供することをパパゲーノに命じ、タミーノには魔法の笛、パパゲーノには鈴を渡す。タミーノとパパゲーノは、三人の童子に導かれ、ザラストロの住む神殿を目指す。しかし、ザラストロの領地に着いたタミーノは、彼が悪者ではなく賢者であることを知り、パミーナと結ばれるために試練に挑む。一方、パミーナもモノスタトスに襲われたり、タミーノに無視されたり、母である夜の女王にザラストロ殺害を命じられるなど辛い目にあう。一方、恋をしたいパパゲーノも試練に挑むものの途中で挫折する。しかし、老婆に扮していた可愛いパパゲーナと結ばれる。夜の女王、三人の侍女がザラストロに復讐を試みるが、雷に打たれ闇に葬られる。試練を乗り越えたタミーノとパミーナは結ばれ、祝福される。

[相関図]CORRELATION DIAGRAM

相関図

[出演]CAST

川瀬 賢太郎 (指揮)

1984年東京生まれ。2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。指揮を広上淳一等各氏に師事。06年東京国際音楽コンクール〈指揮〉において1位なしの2位(最高位)に入賞。近年、オーケストラ公演のみならずオペラでも注目を集める若き俊英。神奈川フィル常任指揮者、名古屋フィル指揮者。八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督。三重県いなべ市親善大使。「渡邉暁雄音楽基金」音楽賞受賞、第64回神奈川文化賞未来賞を受賞。第14回 齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回「出光音楽賞」、横浜文化賞 文化・芸術奨励賞を受賞。

勅使川原 三郎 (演出・装置・照明・衣裳)

ダンサー、演出家、振付家。1981年より独自の創作活動を開始。85年以降、自身のカンパニーKARASと共に世界中に招聘され公演を行う。既存のダンスの枠組みに捉えられない新しい表現を追求している。呼吸を基礎にした独自のダンスメソッドと、照明・美術・衣装・音楽も自ら手がけ、光・音・空気・身体によって空間を質的に変化させる独創的な作品は世界中で高く評価されている。近年は、パリ・オペラ座バレエ団等への振付や、フェニーチェ歌劇場等でのオペラ演出など、毎年多くの作品を創作している。

ザラストロ:大塚 博章 (バス)

北海道出身。玉川大学卒業。二期会オペラ研修所修了。文化庁在外研修員として渡独、ワーグナー作品を中心に研鑽。これまで東京二期会『パルジファル』『魔笛』、新国立劇場『ドン・カルロ』『カルメン』等に出演。二期会会員

夜の女王:安井 陽子 (ソプラノ)

東京都出身。桐朋学園大学卒業、同大学研究科及び二期会オペラ研修所修了(優秀賞)。文化庁在外研修員としてウィーン留学。これまでに東京二期会では『魔笛』夜の女王、『ホフマン物語』オランピア等に出演。二期会会員

タミーノ:鈴木 准 (テノール)

青森県出身、北海道で育つ。東京藝術大学大学院博士課程にて学位取得。『コジ・ファン・トゥッテ』フェランドで二期会デビュー。タミーノは東京二期会、新国立劇場、日生劇場、兵庫県立芸術文化センター等数多く出演。二期会会員

パミーナ:嘉目 真木子 (ソプラノ)

大分県出身。国立音楽大学、同大学院修了。二期会オペラ研修所修了。文化庁海外研修員としてフィレンツェで研鑽。これまでに東京二期会『魔笛』『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『パリアッチ』等に出演。二期会会員

パパゲーノ:宮本 益光 (バリトン)

愛媛県出身。東京藝術大学大学院博士課程修了。これまで数多くのオペラ公演に出演。近年では神奈川県民ホール開館40周年『金閣寺』溝口、あいちトリエンナーレ『魔笛』パパゲーノ等、常に大舞台で活躍。二期会会員

パパゲーナ:醍醐 園佳 (ソプラノ)

東京都出身、東京音楽大学卒業、同大学院修了。卒業時NTTドコモより奨学金を得る。二期会オペラ研修所修了(優秀賞)。東京二期会では『チャールダーシュの女王』『ウィーン気質』等に出演。2015年度CHANEL Pygmalion Daysアーティスト。二期会会員