iichiko総合文化センター室内楽Collection Vol.3 ハインツ・ホリガーと友人たち

公演名iichiko総合文化センター室内楽Collection Vol.3
ハインツ・ホリガーと友人たち


クリックすると
PDFでご覧頂けます
日時2015年9月8日(火)
時間開場18:30 開演19:00
会場iichiko総合文化センター iichiko音の泉ホール
出演ハインツ・ホリガー[Ob]
堀米ゆず子[Vn]
佐々木亮[Va]
宮田大[Vc]
フェリックス・レングリ[Fl]
小林道夫[Cemb]
曲目J.C.バッハ:五重奏曲 二長調 Op.22-1〈小林道夫 共演〉
 J.C.Bach: Quintet in D major op.22-1 for flute oboe, violin, cello and cembala concertato

W.A.モーツァルトフルート四重奏曲 イ長調 K.298
 W.A.Mozart: Quartet for flute and strings in A major KV298

・R.ズーター:フルートとオーボエのための5つのデュエット
 R.Suter: 5 Duetti per flauto e oboe

・X.ダイヤー:フルート、オーボエ、弦楽トリオのための夜想曲
 X.Dayer: Nocturne for oboe, flute and string trio

・H.ホリガー:子守唄〈イングリッシュホルンソロ〉
 H.Holliger: Berceuse pour M. for englisch horn solo

・H.ホリガー:(é)cri(t)〈フルートソロ〉
 H.Holliger: (é)cri(t) for flute solo

W.A.モーツァルトオーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370
 W.A.Mozart: Quartet in F major for oboe and string trio KV370

*曲目等変更になる場合があります。予めご了承ください。
料金一般3,000円[びび割 2,700円]
U25 半額(25歳以下対象)
チケット発売
友の会 先行予約
(窓口販売・ネット・電話)
2015年6月6日(土)10:00より〈 TEL 097-533-4005(友の会専用)〉
*お申し込みの際、会員番号が必要となります。

ネット購入2015年6月13日(土)10:00〈24時間ご予約いただけます。〉
*チケットは、お近くのセブン-イレブンでお受け取りいただけます。

一般電話予約2015年6月15日(月)10:00〈営業時間 10:00〜18:00〉
チケット取扱
iichiko総合文化センター ホームページ
インターネット予約はこちら
iichiko総合文化センター 1階 インフォメーション097-533-4006
ローソンチケット(ローソン各店) (Lコード:86164)0570-084-008
チケットぴあ(セブンイレブン各店)(Pコード:265-358)0570-02-9999
トキハ会館 3階 プレイガイド097-538-3111
別府ヱトウ南海堂0977-22-0827
中央町プレイガイド「ビートパワー」097-538-1386
セブン-イレブン(セブンコード:039-531) 
主催・お問い合せ公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団 097-533-4004
助成一般社団法人 地域創造
協賛三和酒類株式会社
後援大分県大分市大分県芸術文化振興会議大分合同新聞社OBS大分放送TOSテレビ大分OAB大分朝日放送
OCT大分ケーブルテレコムエフエム大分月刊・シティ情報おおいたゆふいんラヂオ局
注意・備考 ・U25割引とびび割引の重複割引無し。
・未就学児の入場はご遠慮いただいております。
・満1歳以上の未就学児を対象として無料託児サービスを行っております。
(要予約:097-533-4004)ご希望の方は8月28日(金)17:00までにお申し込みください。

ハインツ・ホリガー (オーボエ)

現代の最も多彩で非凡な音楽家の一人。ジュネーブやミュンヘンの国際オーボエコンクールで優勝後、国際的なキャリアを確立。また、指揮者として、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル等の世界の主要なオケと共演。作曲家としても国際的な評価と人気を得ている。2012年ザルツブルク音楽祭では、作曲家、オーボエ奏者、指揮者として、際立つ個性を発揮し、絶賛をあびた。06年ミデム・クラシック賞、エコー・クラシック賞を受賞。

堀米ゆず子 (ヴァイオリン)

1980年エリザベート王妃国際音楽コンクールで日本人初の優勝。ベルリン・フィル、ロンドン響、シカゴ響、アバド、小澤征爾、ラトルなど、世界一流のオケや指揮者と共演を重ねる。2010年12月にはBS-TBSのドキュメンタリー番組「未来へのおくりもの」でその幅広い活動が紹介され話題を呼んだ。現在、ブリュッセル王立音楽院教授。使用楽器は、ヨゼフ・グァルネリ・デル・ジェス(1741年製)。

佐々木亮 (ヴィオラ)

東京芸大学卒。1991年、現音室内楽コンクール第1位等数々のコンクールを受賞。同大卒業後、ジュリアード音楽院(NY)に奨学生として入学。アスペン音楽祭、マルボロ音楽祭に参加。これまでに内田光子、ヒラリー・ハーン等と共演し、好評を博す。2004年5月NHK交響楽団入団。アポロ弦楽四重奏団、東京クライス・アンサンブル、室内オーケストラ「アルクス」、岡山潔弦楽四重奏団メンバー。また、音楽大学、高校などで後進の指導にもあたる。大分ではMAROプロジェクト講師として08年から12年まで室内楽の指導にあたった。

宮田大 (チェロ)

2009年ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。10年出光音楽賞、12年ホテルオークラ音楽賞を受賞。09年ジュネーヴ音楽院卒、13年クロンベルク・アカデミー修了。ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管、N響など国内外のオケ、L.ハレル、G.クレーメル、J.バシュメット、M.ヴェンゲーロフ等と共演している。13年7月のホルトホール大分開館記念イベントでは、ソリストとして森口真司指揮大分交響楽団と共演した。

フェリックス・レングリ (フルート)

スイス、バーゼル生まれ。セント・ガーレン響のソロ・フルート奏者を務めた後、フリーランスに転向し、ソリスト、室内楽奏者、ゲスト首席として活動。ホリガー木管五重奏、ノヴァ・ストラヴァガンザ・ケルン(バロック楽器)等の様々な室内楽グループで活躍。レパートリーは、18世紀の音楽から現代の前衛的なものまで幅広い。バーゼル音楽院教授として後進の指導、また、定期的に欧州、日本、オーストラリア、南米でマスター・クラスを持っている。

小林道夫 (チェンバロ)

東京芸大楽理科卒業。ドイツ・デトモルト大留学後、チェンバロ、ピアノ、室内楽、指揮など多方面で活躍。特にバッハ、モーツァルト、シューベルトの解釈、演奏は高く評価されている。数多くの世界的名演奏家たちから信頼され、共演している。大阪芸大大学院教授、東京芸大客員教授等を経て、現在は大分県立芸術文化短期大学客員教授。小林はホリガーが1970年の初来日時に、室内合奏の指揮者として、またチェンバロ奏者としてホリガーと共演(デュオ)している。72年にはO. ニコレ(フルート)を加えた3名でレコードを発売(現在は廃盤)するなど、二人のつながりは深い。現在、湯布院を拠点に全国各地で演奏を続ける。

室内楽Collection