Vol.71 2016 WINTER

インタビュー 青島広志 さん

 独特のニュアンスと軽快な音楽指導が人気のピアニスト・青島広志先生が、3名の歌手を迎えて行う歌劇「さまよえるオランダ人」講座。ワーグナーの悲しい物語を青島流にアレンジした「さまよえる日本人」にも必見! 楽しい青島先生と悲劇がコラボレーションしたステージです。

まず、どんな物語なのでしょうか?

 それは私が講座でお話しすることがなくなっちゃうので、詳しくは申し上げられませんが、神様を呪ったために幽霊になって彷徨(さまよ)っている男の話です。彼を心から愛してくれる女性が現れたとき、初めて救われて天国に行けるのです。

昔からある話なんですか?

 ヨーロッパの伝説では、まずキリストが十字架を背負って歩いていたとき、疲れたのである家の前で休もうと思ったけれど、その家の主人が断った。それからその男は罰としてあの世に行けなくなったというのがあります。もう一つ、日曜日に働いていたために月に送られて永遠に働き続ける男の話が。それをワーグナーが知っていて、自分で台本にしたんですね。

ワーグナーは作曲家として有名ですが…。

 彼の才能はまず文学に現れ、子どもの頃から戯曲や論文も書いています。音楽の方は後からだったので、ピアノの腕は下手でした。だからワーグナーのピアノ曲ってほとんど聞かないでしょ? その後、オペラを書くようになりますが、その台本・演出も自分で受け持ちました。それを奥さんであるコジマが引き継いで、ワーグナーの作品だけを上演するバイロイトの祝祭歌劇場でも、その子孫の意見が第一なのです。

そのオペラは規模が大きいって聞いていますが。

 ですから、滅多に上演できません。これが今回のオペラにいらしていただきたい一番の理由ですが、見逃したらそのチャンスはもう二度と巡って来ないんです。また大掛かりな舞台装置や仕掛けも多く、それを見に行くだけでも参加した甲斐があります。つまり、人類の残した遺産を見に行く、という感じでしょうか。

すると稽古も大変そうですね。

 恐らく3年前頃から始まっているでしょう。歌い手にとっては長いので暗譜が難しい、1人でさらおうと思っても伴奏はとても弾けません。また、全力で稽古していたら体力が保たないと思います。世間には「ワーグナー歌い」と言われている歌手がいまして、その人たちは長いフレーズ、広い音域、60人をも超える人数のオーケストラに常に対抗できる声の強さを持っていなくてはなりません。

そんな人が日本にもいるんですか?

 いらっしゃいます。今回起用されている人たちがそうで、以前はワーグナー歌いは良く言えば押し出しのいい、悪く言えば樽みたいな体型の人が多かったんですが、今はビジュアル上でも美しい人が増えていますね。

1人だけ外国人ですが…。

 主役はやはり「オランダ人」ですから。この役はすでに人間ではないので、暗い情念と、しかもどこかに母性愛を掻き立てる魅力を持ってないとなりません。またその相手役のゼンタは、ほぼ1人だけの女声役なので、華やかで同時に真剣でもあり、どこかに巫女(みこ)のような神秘性もたたえていなければならない難役です。オランダ人とは敵(かたき)役になるエリックは、彼と対照的な若さと行動力が欲しい。そしてこの三役には、アンダースタディとかカバーと呼ばれる補佐役が付いている筈です。万一のときは、出て来るのです。そうしたことがないように祈ります!

最後に、見にいらっしゃる大分の方に何か…。

 昨年、大分で初めて講座を受け持たせていただいたとき、大人であり、しかも反応が早いのに驚き、嬉しくなりました。このオペラは楽しいだけの作品ではないし、有名なアリアもそれ程はない。しかし自分に体験できない世界を垣間見られる良いチャンスです。幽霊と結婚しちゃう人ってそれ程いないし、何百年も船に乗り続けている人もいないでしょう。私の台本の「さまよえる日本人」との差を楽しみに、講座にもいらしてくださいね! こちらも素晴らしい歌い手をそろえてお待ちしています。

文責/青島広志

青島広志

Point

青島広志『さまよえる日本人』

 台本作家としての一面を持つ青島先生が「さまよえるオランダ人」を基に創作した、原作に勝るとも劣らない愛憎劇です。

公演名平成27年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業
青島広志のおしゃべりオペラティックコンサート
大分公演 2/29(月) 開場 18:30 開演 19:00
[会場]iichiko音の泉ホール

[チケット発売中]全席指定1000円

[問合せ]
(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 097-533-4004
臼杵公演 3/1(火) 開場 13:30 開演 14:00
[会場]臼杵市民会館 大ホール

[チケット発売中]全席指定1000円

[問合せ]
臼杵市教育委員会 0972-63-1111(内線3121)
(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 097-533-4004
出演青島広志(お話・ピアノ)、横山美奈(ソプラノ)、
小野勉(テノール)、和田ひでき(バリトン)

≪目次へもどる