Vol.69 2015 SUMMER

report

TITLE九州初公開!東京国立博物館国宝「松林図屏風」特別内覧会
DATE2015年6月9日
PLACE大分県立美術館

近世最高傑作の国宝を一足早く

 桃山時代の天才絵師・長谷川等伯(1539〜1610)の国宝「松林図屏風」。所蔵する東京国立博物館では、毎年2週間しか公開していないこの作品が、大分県立美術館の開館記念で九州初公開されました。6月9日〜21日の公開に先立ち特別内覧会が行われ、100人超のKOTOBUKIメンバーが近世水墨画の最高傑作とされる等伯の大作を鑑賞しました。

≪目次へもどる