Vol.67 2015 WINTER

EDUCATION SQUARE

姫島の魅力を美術館の出張授業で再発見

 2014年10月8〜9日の2日間、姫島村を舞台に姫島村、姫島村教育委員会、大分県教育委員会、(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団(大分県立美術館)が共同で『姫島まるごとジオ・ミュージアム』を開催しました。 当日は姫島小学校の児童70名、姫島中学校の生徒44名、姫島村民(保護者等)約70名の皆さんが参加。『ザ・ピグメント』では、海岸の石や貝殻の中から色、形、模様に注目して「きれい」と思えるモノをまずはセレクト。そこからハンマーで砕き、乳鉢で擦りながら粉々にした絵具の元と顔料を作り、さらに展色材(絵具にするための接着剤)を加えて絵を描きました。また村民の方は、『大分の色・姫島の色』と題し、大分県内の自然・環境・風土・歴史・文化の中から“視る”ことの楽しさを知るお話会を開きました。 参加者からは、「普段と違った視点から姫島を見る点が意外だった」「石から色が出るのが面白かった」「もっと話を聞いてみたい」などの声が続々。児童生徒、村民と美術館スタッフが交流する時間もおおいに盛り上がり、色を通して地域の魅力を再発見、体感する2日間となったようです。

プログラム

01[中学生]ザ・ピグメント 姫島色の作り方(レクチャー&体験)
02[小学生4〜6年生]ザ・ピグメント 姫島色をつくる!
03[PTA、村民]大分の色・姫島の色(お話会)
04[小学生1〜3年生]積むぞ、我らの姫島砦
05[小学生1〜3年生]布と戯れる ふわふわ、もこもこの気持ち

≪目次へもどる