Vol.65 2014 SUMMER

STAGE NAVI 「感動」を予習しよう

 オフ・ブロードウェイで話題騒然の体感型ドラムエンタテインメント『ドラムストラック』 。劇場に足を踏み入れると全ての客席にアフリカンドラムが置かれ、これから始まる楽しいひとときに胸がときめきます。出演者と一緒にパフォーマンスできる『ドラムストラック』公演の楽しみ方を、大分でアフリカン音楽を楽しむ女性グループ『BEN ☆ KAN』の岩尾記代子さんにレクチャーしてもらいました。

岩尾記代子さん

アフリカンな熱い鼓動!
ドラムストラックで盛り上がろう!

Lesson.1
家族や友達をたくさん誘おう

 お子さまからお年寄りまで、性別や年齢に関わらず誰もが楽しめるのがアフリカンドラム。原始的な太鼓の響きに、気がつけば皆さんリズムにあわせて体を揺らしています。

Lesson.2
打楽器に触れよう

 『ドラムストラック』の醍醐味といえば、自らのアフリカンドラムのジェンベを叩けること。これまで打楽器は苦手という人も、客席に置かれたジェンベを触った瞬間からワクワクしてくるはず。会場全体が一体になって、熱く盛り上がりましょう。

Lesson.3
みんなで叩けば怖くない!?

 「リズム感がないからダメ」「人前で演奏なんて恥ずかしい」と心配する人も、みんなで輪になって一緒に叩いていくうちに不思議とノリノリ気分になってきます。頭で考えていてはダメ。メンバーが上手くリードしてくれますよ。

Lesson.4
レッツ・コミュニケーション!

 パフォーマーがステージから呼びかける「WassaWassa(ワサワサ)!」とは、西アフリカのマリンケ族の言葉で「みんなノッてるか〜い?」の意味。すかさず「アイエ〜!」と返せば、親密度もアップしますよ。ステージとのコミュニケーションを楽しむのも、『ドラムストラック』ライブの楽しみです。

Lesson.5
色彩豊かな衣裳を楽しもう

 元気いっぱいのステージを繰り広げるパフォーマーの衣装にも注目。極彩色の民族衣装に身を包んだキャストたちが、猛々しくも優雅に発するダンスと歌は圧巻! 視覚に、聴覚に、臨場感あふれるライブを楽しみましょう。

公演名平成26年度劇場・音楽堂等活性化事業 ドラムストラック
日時8月2日(土) 開場13:15 開演14:00
会場iichiko グランシアタ
料金S席4,000円 A席3,000円 B席2,000円
U25割引 半額(全席種・25歳以下対象)
※3歳以上有料、入場制限なし
主催大分県芸術文化ゾーン創造プロジェクト実行委員会
お問合せ(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 TEL 097-533-4004

≪目次へもどる