Vol.61 2013 SUMMER

iichiko presents 東儀秀樹×古澤巌 guest. coba 全国ツアー2013 特集:煌めき輝く三楽師、奇跡を奏でる

 2013年、雅楽師・東儀秀樹とヴァイオリニスト・古澤巌による全国ツアーは、世界の音楽シーンで活躍を続けるcobaを迎え、新たな地平を切り開きます。cobaは、ハイクオリティなサウンドを追求した作品、情熱的な演奏とキャラクターで多くのファンを持つ人気のアコーディオニストです。アコーディオンのルーツは雅楽器の笙(しょう)だと言われています。そうした楽器の出会いがどんな音楽を生み出すか、ココロは熱く震えます。雅楽の東儀、ヴァイオリンの古澤、そして、アコーディオンのcoba、研ぎ澄まされた感性と高度なテクニックを持つ史上最強の3人が、ジャンルを超え、ワールドワイドな音楽世界を繰り広げます。それぞれの楽器の常識を大きくくつがえし、楽器の奏でる音の可能性を無限大に広げ、自由な精神で純粋に音を楽しみ、聴く人の心を深く震わす音を生み出す3人。ミューズも微笑む魅惑の時間をお楽しみに。

INTERVIEW:東儀秀樹 Hideki Togi×古澤巌 Iwao Furusawa
心が通い合えれば、相手がどんな楽器であろうと合うんです。

 雅楽師・東儀秀樹さん、ヴァイオリニスト・古澤巌さん。お二人が出会って今年で17年になるという。あまたのハーモニーを 紡いできたコンサートに、今回はアコーディオンのcobaさんがゲストとして参加。三楽師が奇跡を奏でる今回のコンサートについて東儀さん、古澤さんに、お話を伺った。

―お二人のコンサートはとても長く続いていらっしゃいますね。

東儀 楽器として篳篥(ひちりき)とヴァイオリンが合うのかと思われるかもしれませんが、東儀秀樹と古澤巌だから合うんです。たとえ古澤さんがヴァイオリン以外の楽器だったとしてもぴったり合うと思いますよ。というのは音楽って楽器ではなくて、音をどう奏でるのか。その育て方を知っている音楽家同士であれば、相手がどんな楽器であろうと合うんです。
 そもそも僕らはタイプがまったく違う。古澤さんは構築派でリハーサル好き。観客にも絶対的な安心感を提供してくれる。僕は行き当たりばったり派で、その時々の自然な流れを楽しむタイプ。逆にしか見えないでしょう?

古澤 東儀さんはアドリブがすごいもん。同じ曲でも彼は毎回演奏が違う。まさにジャズだね。僕は決められたことしかできない。

東儀 それが個性であり、お互い違って面白いなって思うの。しかも音楽的にいい表現になる。

古澤 ジャンルの違う音楽にチャレンジすることはとても楽しい旅に出ているようなもの。ヴァイオリンを通じていろいろな世界を見られることが楽しいんです。

―今回、新しくcobaさんが加わることで、どんな化学反応が起きるのでしょうか?

東儀 以前、cobaと演奏した時に、彼のアコーディオンの音色に測り知れない未知数を感じてとても刺激的だった。アコーディオンは和楽器の笙がルーツなのですが、笙とアコーディオンだけで演奏した部分が、どちらの音が鳴っているのかわからなくなるほど、本当にうまく混じりあって広がっていった記憶があります。

古澤 それはcobaだからこその音の融合なんだと思う。東儀秀樹もそうですが、やっぱり特別な人。2人は音楽の世界でも孤高の存在です。いろんな意味で極めている。滅多に一緒にならない3人なので、本当に貴重なステージになると思いますよ。

―初めて和楽器やヴァイオリンに触れる方も多いと思いますが、楽しむコツを教えてください。

東儀 笙や篳篥を知るきっかけにしてほしいですね。音楽は準備して聞くものではないので、この曲は気持ちいいなとか、このフレーズが好きだなっていう感じで気楽に楽しめばいいんですよ。

古澤 何より僕と東儀秀樹、それにcobaという同じ時代を過ごし、いろんな世界を見てきた大人の男が3人集まって演奏するということが特別だと僕は思っています。実はこのコンサートではほとんどが洋楽です。ポップス、タンゴ、ロック、ジャズ、そういうスタンダードな曲を演奏します。僕らの年代らしいプログラムです。ぜひ多くの方に足を運んでもらいたいですね。

PROFILE
東儀 秀樹(雅楽師)Hideki Togi

東儀家は、奈良時代から今日まで1400年間雅楽を世襲してきた楽家。宮内庁楽部在籍中は宮中儀式や皇居において行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。1996年デビューアルバム「東儀秀樹」で脚光を浴び、以後次々とアルバムをリリース。

古澤 巌(ヴァイオリニスト)Iwao Furusawa

桐朋学園を首席で卒業後、フィラデルフィア・カーティス音楽院卒、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院等で学ぶ。ヨーヨー・マ、ステファン・グラッペリなど世界的なアーティストと共演、世界の様々な舞台で活躍。日本音楽コンクール第一位受賞。帰国後、葉加瀬太郎等と照明やトークなどを取り入れた、現在のポップな公演スタイルの礎を築く。


公演名iichiko presents 東儀秀樹×古澤巌 guest. coba 全国ツアー2013
日時2013年9月16日(月・祝)
時間開演 17:00 終演 19:30(予定)
会場iichiko グランシアタ
出演東儀秀樹、古澤巌、coba(特別ゲスト)
料金【S席】5,500円、【A席】4,500円
お問合わせテレビ大分 事業部 TEL 097-537-5515
(公財)大分県芸術文化スポーツ振興財団 TEL 097-533-4004

≪目次へもどる