Vol.56 2012 SPRING

HOW to タカラヅカ

地方公演のほうがお得かも!?
「だからまた観たくなる」宝塚の舞台

実に3年ぶりの、宝塚歌劇団公演! それに先駆けて、大の「ヅカファン」を自称し、タカラジェンヌとのトーク番組も持つアナウンサーの中井美穂さんに、"宝塚"の楽しみ方を教えてもらいました。また後半は、花組男役トップの蘭寿とむさんに、大分公演への意気込みを、また同じ花組の娘役で大分市出身の乙羽映見さんにも今後の目標をうかがいました。

男役トップ、蘭寿とむの魅力

 1995年に月組の『ハードボイルドエッグ』という現代劇で、天海祐希さんを観てからいっぺんに引き込まれました。それまでは観てもいないのにメイクの濃さや金髪の王子様の演技が照れくさくて、興味はあっても素直になれなかったんですね。ある時、知人から「天海さんを観ずして宝塚を語るな」と言われてそこまで言うならと観てみたら、私の想像とはまったく違う世界。宝塚なのに現代劇、目の前には女性でも天海祐希でもない、役名の男性がいる。「うわー、かっこいい!」と驚きました。男役という特別で限りあるポジション、同じ組の仲間でありながら、トップを競って切磋琢磨し合うライバルでもあるという、運動部のエース対決のような構図もおもしろくて惹かれていったんです。

今回の演目、初心者にこそ観てほしい!

 5組ある中で花組は伝統的に「ダンスの花組」と言われていて、華やかで美学のある男役がそろう組という印象があります。男役トップの蘭寿さんも、顔立ちやスタイルの華やかさに加えてノーブルな雰囲気があり、ダンスが得意で古い時代の作品もよく似合う。宝塚らしさを持った正統派の男役の継承者といった感じです。オールドファンも含めて多くの方に受け入れられるスターだと思います。

地方ならではの楽しみも

 今回のお芝居『長い春の果てに』は、2002年の月組の初演を観ています。現代劇でとてもわかりやすいので、初めてご覧になる方にもおすすめです。白衣の外科医役は蘭寿さんにぴったりですし、ピアニスト志望の少女を演じる娘役トップの蘭乃はなさんも、少女のような可愛らしさが似合う方。花組らしい華やかな舞台が観られると期待しています。初演で印象的だったのは、ダンスシーン。白衣や手術着姿の男役と看護師の娘役が踊るなんて新鮮でしょう? ミュージカルならではの演出のおもしろさですね。シリアスな話なのにコミカルなシーンも多いですし、壮一帆さん演じる冷酷な外科医との男同士の友情も描かれ、ラストも素敵です。レビュー『カノン』では、蘭寿さんがこれでもかというくらい踊ってくれます。テーマソングが覚えやすくて乗りやすいので、きっと口ずさみたくなるはず。男役の色気、娘役の可憐さが存分に楽しめますし、衣装もびっくりするぐらい派手なので見応え十分ですよ。

 それになんといっても全国ツアーの魅力は、普段の大劇場よりスターとの距離が近いところ。スターの皆さんもノリノリでアピールしてくれますし、観客の素直なリアクションを待っていらっしゃるので、私も地方公演では思いっきり拍手や歓声を送っちゃいます。大劇場とは異なる楽しみ方ができるという点では、地方公演のほうが「お得」かもしれないですね。

 宝塚歌劇は女性の心をくすぐるエッセンスがぎゅっとつまっていて、一回だけではとても追いきれません。だからまた観に行きたいと思ってしまう。かけがえのない世界観を持った稀有な劇団だと思います。2014年で100周年を迎えるそうですが、それが100年も続く理由なのでしょうね。


公演名OBS開局60周年記念 宝塚歌劇花 iichiko presents 大分公演
日時2012年5月8日(火)
時間昼の部14:00開演/夜の部18:00開演
会場iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
主演蘭寿とむ、蘭乃はな
演目ミュージカルロマン「長い春の果てに」、
レビュー・ファンタシーク「カノン-Our Melody-」
料金S席7,000円、A席5,000円、B席3,000円 (3歳以上有料)
お問合わせ(財)大分県文化スポーツ振興財団 TEL:097-533-4004
中井美穂 PROFILE
アナウンサー
中井美穂

なかい・みほ/ロサンジェルス生まれ。87年〜95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC、TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演。雑誌・新聞などでの連載コラムや、イベント、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。

≪目次へもどる