Vol.51 2011 WINTER

ドキュメント! iichikoグランシアタ ジュニアオーケストラ物語

新メンバーを迎えての挑戦。
共にいくつもの壁を乗り越えて、奏でる音楽とは?

 どんなことにおいても、「中だるみ」という言葉はつきもの。そして、2年目のジュニアオーケストラにもちょっぴりその症状が現れてしまった。8月に演奏会があった弦楽アンサンブルの前後、”慣れ“が気持ちを緩めたのか、練習に集中できない子どもたちがいた。
 当然、レッスン中には講師陣から厳しい言葉が発せられる。シーティングを変更する場面もあった。しかし、危機感を持ちながらも、先生たちは本番に向けた仕上がりをそれほど案じてはいないようだ。「子どもたちは、最後の数日でかなり伸びますからね。本番が近くなってくると、レベルがグッと上がるはずです」というのは、N響のヴァイオリニスト・松田拓之先生。
 そして9月に入ると、また新たにオーディションを受けて入団したメンバーが加わり、オーケストラは空気交換ができた感じ。新メンバーにとっては、既存のメンバーの打ち解けた様子が馴染みやすい環境であり、逆に既存のメンバーにとっては、新メンバーが刺激をもたらしてくれた様子。相乗効果で、足音の近付いてきた定期演奏会に向けて、毎回の練習にも熱が入っている。それは、彼らの”音“を聴いていれば、よくわかる。
 さて、第1回定期演奏会の興奮が昨日のことのように甦るが、いよいよ第2回の演奏会が近付いてきた。今回はなんと、ハンガリー・サヴァリア交響楽団音楽監督のマーク・ガラノス氏を指揮者に迎え、チャイコフスキー、モーツァルト、ドヴォルザークに挑戦。”言葉の壁“にもぶつかることになる子どもたちが、それをどう乗り越えるのか。見どころは多い。


A. 隣で先生が吹き、その音を聴きながら練習できるのも貴重なこと
B. 注意やアドバイスは楽譜にきちんと書き込む
C. 11月6日のレッスンにはマロ先生を迎えて。その前の週には『Meister Art Romantica Orchestra』の公演があり、ジュニアの課題曲である「ジュピター」が演奏された
D.E.F. 演奏途中、先生たちから直に指導を受ける子どもたち。講師陣の本気度は毎回120%
G. 山下秀樹先生の金管のレッスンは、息の吹き方など基礎練習が主。「これが出来ていないと最後で伸びない」
H. メンバーが増えたヴィオラパートのレッスン風景。まだまだメンバー募集中です!

STAFF PICKUP

山下秀樹

最後の追い込みで伸びるのは
基礎的な鍛錬があってこそ

トロンボーン講師/山下秀樹(やました・ひでき) 先生

 子どもたちは最後の1カ月、最後の1〜2日で変わることができます。そのためには、まだ時間があるからと言ってダラダラとやってはだめで、“変わる”ための基礎的なベースを付けておかなければなりません。そこで私たちが刺激となって、貢献できればいいと思っています。また、オーケストラとはチームプレーのようで、結局のところ音を出しているのは個人です。テクニックが必要というよりは、責任を持って自分に与えられたことをこなし、1人が100%の力を発揮すると、合わせたときに良くなると思います。


PROFILE
下関市出身。尚美学園短大、桐朋学園大学にてトロンボーンを神谷敏に師事。ドイツ・ケルンにてトロンボーン、バストランペットをケルン歌劇場管弦楽団首席奏者ヨハン・ホイトファーに師事。現在、(財)九州交響楽団トロンボーン奏者。

松田拓之

1回1回のレッスンを大切に。
そうすればみんなに敵うオケはない

ヴァイオリン講師/松田拓之(まつだ・ひろゆき) 先生

 子どもたちはみんな素直で、透き通った心を持っていると思います。発足当初からレッスンに来ていますが、今は緊張感もなくなってきました。それだけに、慣れてきた頃が危ない。「また練習がある」と思うのではなく、1回1回を大事にしてほしい。先週よりも今週、今月よりも来月うまくなろうというスタンスで臨んでほしいと思います。今度の演奏会の曲は難しいですね。特にドヴォルザークなんて弾きにくいと思いますが、みんなで演奏できるというありがたさ、音楽のよさを分かってもらえたら嬉しいです。


PROFILE
NHK交響楽団第1ヴァイオリン。山口県生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。2000年にNHK交響楽団にヴァイオリン奏者として入団。
iichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラ 第2回 定期演奏会

| 1 | 2 | 

このページのTOPへ戻る