Vol.51 2011 WINTER

ドキュメント! iichikoグランシアタ ジュニアオーケストラ物語

新メンバーを迎えての挑戦。
共にいくつもの壁を乗り越えて、奏でる音楽とは?

 どんなことにおいても、「中だるみ」という言葉はつきもの。そして、2年目のジュニアオーケストラにもちょっぴりその症状が現れてしまった。8月に演奏会があった弦楽アンサンブルの前後、”慣れ“が気持ちを緩めたのか、練習に集中できない子どもたちがいた。
 当然、レッスン中には講師陣から厳しい言葉が発せられる。シーティングを変更する場面もあった。しかし、危機感を持ちながらも、先生たちは本番に向けた仕上がりをそれほど案じてはいないようだ。「子どもたちは、最後の数日でかなり伸びますからね。本番が近くなってくると、レベルがグッと上がるはずです」というのは、N響のヴァイオリニスト・松田拓之先生。
 そして9月に入ると、また新たにオーディションを受けて入団したメンバーが加わり、オーケストラは空気交換ができた感じ。新メンバーにとっては、既存のメンバーの打ち解けた様子が馴染みやすい環境であり、逆に既存のメンバーにとっては、新メンバーが刺激をもたらしてくれた様子。相乗効果で、足音の近付いてきた定期演奏会に向けて、毎回の練習にも熱が入っている。それは、彼らの”音“を聴いていれば、よくわかる。
 さて、第1回定期演奏会の興奮が昨日のことのように甦るが、いよいよ第2回の演奏会が近付いてきた。今回はなんと、ハンガリー・サヴァリア交響楽団音楽監督のマーク・ガラノス氏を指揮者に迎え、チャイコフスキー、モーツァルト、ドヴォルザークに挑戦。”言葉の壁“にもぶつかることになる子どもたちが、それをどう乗り越えるのか。見どころは多い。

佐藤圭助さん(中3・別府市)藤垣かなみさん(高1・大分市)柳澤明日花さん(小3・大分市)樋口和音さん(高2・大分市)河野真央さん(高3・大分市)西森涼平さん(小4・大分市)甲斐美波さん(中3・別府市)久知良桃花さん(中3・別府市)吉武絵里奈さん(高1・大分市)日永 愛さん(中3・大分市)中島駿介さん(高2・大分市)秦 宏大さん(小5・玖珠町)橋本由紀さん(小4・大分市)清家 希さん(小4・別府市)平野利佳さん(小4・由布市)

iichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラ 第2回 定期演奏会

| 1 | 2 | 

このページのTOPへ戻る