Vol.50 2010 AUTUMN

ドキュメント! iichikoグランシアタ ジュニアオーケストラ物語

選抜メンバーによるちょっぴり大人のステージに密着
弦楽アンサンブルコンサートvol.1 公演レポート

 夏休み最終日となる8月31日(火)、弦楽器の選抜メンバーによるアンサンブルコンサートが開催された。第1回定期演奏会の評判もあってか、会場のiichiko音の泉ホールは、急遽予定外だった2階席も解放するほどの超満員に。子どもたちは今回も、その期待を裏切らない本物の音楽を観客に届けた。
 メンバーの中には受験生もいて、学校の勉強と通常のジュニアの課題曲の練習、加えて難解なバロックの曲からチャイコフスキーの大曲までを網羅するアンサンブルのレッスンと、かなり忙しい日々だったはず。代表メンバーに選ばれた責任も、プレッシャーとなって彼らにつきまとっていた。本番前日のホール練習では、〈不安〉が音に現れ、「音を響きに変えて」「集中しよう」「ハーモニーに聴こえない!」など、マロ先生や川瀬先生から容赦ない激が飛ぶ始末。指揮者のいない室内楽なので、息づかいや体の動きでタイミングを合わせていかなければならない、その難しさにも直面していた。
 しかし、叱られて萎縮してしまうような”ジュニア“ではない。彼らは、プレッシャーを乗り越えるだけの、新たなことに挑戦する前向きな意欲に溢れていた。よって、本番ではステージに立つことを楽しむ余裕が生まれていたように思う。直前まで先生たちによる細かい指導が入ったが、その先生たちと一緒に演奏した最後の曲目、チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ ハ長調」では、誰もが嬉しそうな表情を浮かべて演奏していたのが印象的だった。
 そんな子どもたちの顔を見ていると、ますますこう願わざるを得ない。大分にもっともっと、音楽が溢れますように!

ジュニアオーケストラ物語
iichiko音の泉ホールにてリハーサルがスタート。前日に初めてホール練習をした子どもたち、本番と同じ立ち位置・照明のなか最後の音あわせ。 ヴァイオリン 吉岡伶奈さん ヴァイオリン 甲斐陽代里さん ヴァイオリン(左)淵野萌子さん ヴァイオリン(右)淵野日奈子さん 2曲目「4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 RV580」。淵野萌子さん、日奈子さん、吉岡伶奈さん、甲斐陽代里さんがソロ演奏。ときおり、お互いの目を見ながら“みんなで合わせよう”という姿勢が感じ取れました 3曲目には、双子の宮崎姉妹がソリストで「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043」。「さすが!」と手を打ちたくなるくらい息ぴったりの演奏にブラボー ヴァイオリン 宮崎真実子さん(左) ヴァイオリン 宮崎真莉子さん(右) チェロ 河村奈緒さん フィナーレは、マロ先生や川瀬先生、各弦楽器の講師の先生とアシスタントトレーナーのみんなで演奏するチャイコフスキーの大曲「弦楽のためのセレナーデ ハ長調 Op.48」。先生たちの楽しそうな表情、子どもたちの安心した顔が印象的でした。演奏はみごと!拍手が鳴りやまず、感動のカーテンコールとなりました

このページのTOPへ戻る