Vol.47 2010 WINTER

ホールの外からお届けします emo+プラス

いま注目の、新星オーケストラ

大分市 大分チェンバーオーケストラ
お問い合わせ:097-567-1414 (伏見)

 『大分チェンバーオーケストラ』は、2008年夏、「もっと多くの人たちとアンサンブルを楽しみたい」と結成された楽団です。定評のある弦楽合奏等の室内楽を中心に、コンチェルトやシンフォニーにも果敢に挑みながら、「音楽あふれる大分県になるように」と地域の合唱団とのジョイントコンサートなどにも積極的に取り組んでいます。
 現在メンバーは45名、個人レッスンを数年経験した人から音大卒業生までが在籍しており、年齢層も中高生から50代と幅広く、活気が溢れています。コンサートマスターの工藤篤さんを中心に良い雰囲気で練習に取り組んでおり、楽しそうな皆さんの笑顔が印象的でした。
 結成から1年半とまだ間もないものの、2009年1月に第1回演奏会「お披露目ニューイヤーコンサート」、5月に朝来桂一氏(ヴァイオリン)を独奏者に迎えた第2回演奏会「Second Impact〜飛躍〜」、さらに11月には佐伯市民合唱団との合同演奏会の全てにおいて大成功を収めました。今後は、2010年3月14日に日田の合 唱団との演奏会、4月11日には第3回演奏会(ベートーヴェン交響曲第7番ほか指揮:村里修二)、その勢いで年末には第九公演も予定しています。代表の山口智之さんは「練習が楽しいから上達し、練習で成長を感じるから楽しくなる、そんな『良い循環』をつくるよう心がけている。このオーケストラに関わる全ての人たちと、素敵な時間を共有していきたい」とのこと。随時メンバーも募集中。今後も新星オーケストラの活躍から目が離せません。

A.09年、佐伯で行われた「プレ第九」の様子

B.年齢も職業もバラバラですが、音楽を楽しむ気持ちは同じ!
C.練習のときは、コンマスの工藤篤さんが指揮を
D.代表の山口智之さんはオーボエの担当



第8回大分オペラアンサンブル公演オペラガラコンサート

2009年11月29日(日) 13:30 開演
iichiko グランシアタ
お問い合わせ大分オペラアンサンブル TEL 080-1533-0270
チケット好評発売中!

このページのTOPへ戻る