Vol.45 2009 SUMMER

ドキュメント! iichikoグランシアタ ジュニアオーケストラ物語

iichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラに
たくさんの子どもたちが集まってきた!

心も音楽もひとつになろう

 2009年4月18日、iichikoグランシアタ・ジュニアオーケストラが誕生した。団員数は、9歳から19歳までの子どもたち87 人。それに講師、事務局のスタッフ、さまざまな人間がかかわり、ここにひとつの社会ができあがった。
 結団式の直前、昨年11月からの募集に応じた子どもたちを対象に、2日間に渡ってオーディションが行われた。芸術監督の篠崎史紀先生(以下マロ先生)、音楽監督の川瀬麻由美先生をはじめ10人の講師を前に、子どもたちはみな極度の(?!)緊張状態。しかし、演奏が終わったとたん、マロ先生から投げかけられる質問に子どもたちの表情がガラッと変化したのが印象深い。
 「朝ごはん、何たべた?」
 「……(そんな質問するの)?!」
 と、ここからは子どもの独壇場。不意打ちをくらった彼らの顔はイキイキ、日常生活を包み隠さない答えに、審査員は爆笑の連続となったのである。
 実は、これこそが審査員の狙い。
 「表情が変わると、それを待ってましたという感じで(笑)。子どもたちの素が知りたくて、音楽とは関係のない質問をわざとしたんです」と川瀬先生。その結果、マロ先生が得た感触は?
 「大分って、一人ひとりの個性が濃いね!楽しいオーケストラになりそうだ」と、オーディションを終えてひとこと。
 そして、子どもたちが集まってきた。けれど、彼らは年齢も、習熟度も、経験も異なる子どもたち。果たしてうまくまとまっていけるだろうか?
 ジュニアオーケストラが大切にすることは、子どもたちの自主性、可能性を伸ばすこと。結団式で、先生たちが口々にこう言っていた。
 「みなさんは今日から仲間。みんなの心も楽器も、ひとつにならなければ調和はとれません。友達を思いやり、わからない子がいたら助けてあげてください」
 ジュニアオーケストラの初公演は、来年の4月3日(土)。チャイコフスキーとロッシーニに挑戦する。結団式の次週からすでに、レッスンが始まっている。

これから講師として子どもたちを指導する先生方10人がズラリと並ぶ中での演奏。最後までちゃんと披露できました
演奏の後は、いろんな質問が飛んで来ます。マロさんの「好きな食べ物は?」なんて意外な質問に、この日一番多かった答えは「イチゴ」でした オーディションの順番を待つ間も、リハーサル室にて練習に励む姿が。緊張した面持ちが伝わってきました 審査の先生方も、真剣な眼差しで演奏を聴いていました
オーボエ 井元彩英乃さん(中2・大分市)「白鳥の湖」を聴いて、オーボエに憧れる。吹奏楽部で吹いているけど、初めは口が痛くなって慣れるまで時間がかかったそう ホルン 佐藤菜乃子さん(中2・大分市)「きのう夜ごはん何食べた?」という質問に考え込んでしまうほど緊張していました。しっかりレッスンを受けて「音が太く出せるようになりたいなぁ」と チェロ 龍野しずくさん(中1・熊本市)お姉ちゃんとアンサンブルをやってみたらと言われて、ヴァイオリンからチェロに。目指すは、チェリストです ヴァイオリン 井上裕貴さん(小3・大分市)審査員の先生方の質問に、はきはきと答えて小3とは思えない存在感を印象付けました。実は「がちがちに固まってま
した」というから驚き
ファゴット 当間智盛さん(高2・津久見市)将来は天文学をやりたいという彼。「ギリギリ応募が間に合って、慌てて練習してきました」というものの堂々の演奏
でした フルート 佐藤花菜さん(中2・国東市)小学校のとき趣味で始めたフルート。先生の「音楽が好きだったらいいんよ」との言葉に後押しされてオケに挑戦。好きな言葉は「がんばる」 トランペット 
大杉里歩さん(高1・大分市)
吹奏楽に入り初めて吹いた楽器がトラ
ンペット。オーディションでの先生た
ちが楽しそうな雰囲気で、「こんな先生
たちにぜひ習いたい」と決意を新たに ヴァイオリン 古賀百合子さん(高1・日田市)高校受験より緊張したそうだけど、弾いてみたかったモーツァルトの協奏曲でオーディションにチャレンジ。練習にも、電車で日田から通いますとキッパリ
パーカッション 矢野瑞季さん(中2・大分市)夢は打楽器を続けること。別府のオーケストラを見て、自分もやってみたいとオーディションにチャレンジしまし
た フルート 松尾実紅さん(短大1・大分市)プロのオケに入るのが夢という松尾さんはメンバー最年長のお姉さん。ジュニアオーケストラのリーダーです トロンボーン 村上雅仁さん(中3・由布市)ひと際マロさんの関心を引いたのがユニークな髪型。芯のしっかりした発言が審査員の先生たちの心を掴みました。楽器を買うために新聞配達もがんばっています ヴァイオリン 深野果南さん(小4・中津市)お父さん、お姉ちゃん、お兄ちゃんが楽器を弾く音楽一家で赤ちゃんのときから音に親しんできた笑顔のかわいい女の子です
メンバーが決まり、4月18日に結団式が行われました
立花旦子理事長からの挨拶。「どんなことでも努力すれば希望は叶うと思ってがんばってください」 マロ先生直々に楽譜が配られました
わからないことがあれば、年上のお姉さん、お兄さんがお手伝い さっそく立候補でパートリーダーとインスペクターを決めていきます。「やってみようと思う気持ちが大切」と川瀬先生
STAFF PICKUP

子どもたちの個性を消さないように指導していきたいです

音楽監督 川瀬麻由美 先生

音楽監督 川瀬麻由美 先生

 まる2日に及ぶオーディションで100人近くの子どもを審査して、普通なら長時間の審査に体力を消耗しそうですが、どの子も個性が強く特長が出ていて楽しみながら審査することができました。子どもたちは、親や先生に無理やり受けさせられたのであれば、大勢の先生の前で萎縮してしまって弾けないはず。そうじゃなくて立派に演奏して、受け答えもして、正直に自分の考えを自分の言葉で話してくれました。オーケストラになったとき、一人ひとりのその個性をかき消してしまわないよう、それぞれの良さを把握して指導していきたいと思います。また、子どもたちに友達を思いやる心が育ってくれるといいと思います。その手伝いを我々もしていくつもりです。

PROFILE
かわせ・まゆみ 桐朋学園大学卒業。東京シティフィルの副コンサートミストレスを経て、読売日本交響楽団など日本各地のプロオーケストラのゲストコンサートマスターやサイトウキネンのメンバーとして、またソロや室内楽など国内外で活動。現在は大分県立芸術文化短期大学准教授。

このページのTOPへ戻る