Vol.43 2009 WINTER

舞台裏探訪 emo LOOK BACK

開館10周年記念特別事業
ロシア国立
ボリショイ・バレエ「白鳥の湖」全幕

2008/11/29(土) 14:00開演
iichikoグランシアタ

  誰もが一度は聞いたことがあるバレエ団。そして、誰もが一度は耳にしたことがあるあの名曲、そしてあの踊り。ロシア国立ボリショイバレエ、白鳥の湖全幕という黄金の組み合わせで実現した今回の舞台は、iichiko総合文化センター開館10周年記念特別事業として企画されたもの。これぞ”古典“、これぞ”白いバレエ“、バレエ界の頂点に君臨するボリショイの白鳥の湖は、観客を大きな感動に包んだまま、驚きのラストシーンに向かって行った。

一見地味に見える背景。ところが、白鳥達がまとう白い衣装が並ぶと、透明な美しさを持って際立ってくる。何もかもが計算された舞台。 白鳥の衣装。一見何の変哲もないチュチュのように見えるが、舞台では驚くほど美しく見える。ふわりと揺れる裾はまさに白鳥の羽のよう。そのリアルさに、舞台を観終わった人たちから、「あのチュチュにはどんな仕掛けがあるのかしら」との声が聞かれた。
舞踏会の客たちが身につけている衣装。彼らの前で披露される岩田さんの道化師は観客を虜にした。 細かい細工が施されている豪華な衣装や装飾品は傷みや破損も多いが、ボリショイ専属の衣裳係やメンテナンスのプロが同行して随時行っている。
チャイコフスキーの名曲『白鳥の湖』全幕を演奏するのはもちろんボリショイ劇場管弦楽団。予想だにしなかった悲劇的な結末を感動的な音楽で締めくくる。 大分のバレエ界の重鎮、佐藤朱音先生が差し入れたというリンゴと大分産のミカンは大人気、山盛になった果物があっという間になくなっていく。舞踊家ならではの心遣いに団員たちも大喜びだった。
前回、『眠れる森の美女』以来6年ぶりのボリショイの舞台。もちろんチケットは完売。本公演のパンフなど、ボリショイ関連のグッズの売れ行きがその人気の高さを物語っている。 大分名物「やせうま」もバックヤードでは人気。
レッスンにも専属のピアニストがついている。 しなやかな手足。しかし、観客には見えない過酷な舞台でもある。専属のマッサージなどが舞台袖に控えている。
急遽、オデット姫とオディール役の代役となったアンナ・アントニーチェワや四羽の白鳥の一人が交替するなど、ハプニングはつきものとはいえ、いつでもそれに堪えられる準備ができている。それほどまでに厳しい世界なのだ。
開演の2時間以上前から行われたクラスレッスン。世界一流のダンサーによる世界一流のレッスン風景。 その層の厚さこそボリショイといえる。群舞の踊り手さえもプリマやプリンシパルの実力を兼ね備えている。 膝から下がこんなにしなって、足の甲がこれほど高くなる。トゥシューズを履いた時、これが人間の足なのかしら?という美しさを見せる。
ダンスの力で物語を語ろうとするグリゴローヴィッチの演出。男性ダンサーの踊りの見せ場や男性だけの群舞など、女性が中心的な白いバレエの中でも男性の踊りの魅力がちりばめられている。 お馴染みのemoショットに応じてくれたのはなんと、高貴なお后様。ため息が出るほど美しいマリーヤ・イスプラトフスカヤ。オデットに準じる重要な役でもある。
出演者インタビュー

道化師役で鮮やかな印象を残す バレエダンサー/ソリスト 岩田守引さん

 僕も多くのバレエ団に所属してきましたが、ボリショイというのはやはりとても特別な存在です。バレエが好きだからといって入れる所ではない。ロシアバレエの英才教育を受けたエリート中のエリートだけが入団を許されるところ。まず何といっても規模が違う。ヨーロッパの有名なバレエ団でも4、50人規模というのが平均的なところなのにここでは200人以上。さらにここではバレエのためだけに必要なものが全て揃えられているんです。衣装も舞台装置も音楽も、ありとあらゆるものがこのバレエ団のためだけに存在している。よく、バレエは総合芸術というけれど、全てにおいてそれぞれのエキスパートが揃っている、それがボリショイであり、それが実感できるところなんですね。ロシアの威信を背負っている、それが見えるバレエ団でもあります。団員も凄いが教える先生たちがまた凄い。教科書があるわけではなく、全ては人を介して教えられていきます。僕が演じている道化師も、まず役作りから入りました。先生はこう言ったんですね。「一口に道化師といっても、街頭で皆を笑わせている道化師とは違う。中世の貴族の舞踏会という場所で、ゲストや王様、お后様を楽しませるのが今回の道化師役」と。身のこなしから身ぶり手ぶりの動作、そのふざけ方までも全く違う、ちょっとすました道化師なんです。その役を演じるにあたって役作りのアドバイスや指導を受けたのはこのバレエ団が初めてでした。このバレエ団もそうですが、歴史や伝統を重んじるところや先生や先輩を大切にするところ、非常に日本に通じるところがある。勤勉で和を尊び、人の心を大切にする日本人の良い部分をロシアの人たちはとても尊敬しているんですね。だからロシア人って、日本人のこととても好きなんですよ。舞台に上がれば、ロシア人も日本人もないけど、僕が日本人で得をしたなと思うこと、こちらではいっぱいありましたから(笑)。

PROFILE
ボリショイバレエ史上初の外国人ソリストであり、団員からは“モリ”の愛称で親しまれている。今回のような道化師や悪魔といった個性的な役、キャラクターダンスのスペシャリストとして目の肥えたボリショイファンの間でも人気が高い。「個性は出そうと思って出すものではない、舞台の中でいつの間にか表現されているもの。それほどまでに舞台という所は踊り手を丸見えにしてしまう所」と話す。岩田さんを追い続けたNHKの人気番組『プロフェッショナル』が2008年12/9放送された。すべてに完璧な中にも完璧な美が要求されるボリショイの中で、身長166cmの岩田さんがいかにしてソリストの地位を築いてきたかが語られている。

このページのTOPへ戻る