Vol.43 2009 WINTER

幕が開く前に|公演を楽しむための予習ページ

自立を前にしたふたり、22歳 。彼女たちが観てほしいもの。

OASIS アーティストプロデュース

 2008年11月初旬に行われた「OASISアーティストプロデュース 10th ANNIVERSARY「Progress―プログレス―」は、参加した5人の作家の個性があますところなく主張されていて多くのアートファンを楽しませてくれました。また、過去からの成長ぶりも、見どころのひとつでした。  さて、節目となる展示会も終わり、次はまた新たに、未来を期待したい若き才能が登場します。ともに大分県立芸術文化短期大学の専攻科2年生。卒業を控え、このアーティストプロデュースをひとつのターニングポイントに選んだふたりの作品を、どうぞお楽しみに。

生きていると感じながら、命を描く。OASIS アーティストプロデュース藤原雪 個展「どこまでも青い空がつづいている」

 「どこまでも青い空がつづいている」というタイトルからはとても想像しがたい、一見グロテスクなモノクロの画。このギャップに余計、見る側は興味をくすぐられます。  藤原雪さんの絵は、木炭(チャコール)で描かれています。09年最初のアーティストプロデュースでは、そんな「藤原雪」の世界に、どっぷりと浸かってしまいそうな予感。  画材は木炭がいいという確信にたどり着くまでには、試行錯誤があったのだとか。ちょうど今から2年ほど前、ポップアートの影響を受けて、形あるものを点描したり、木炭で描いたりしていた頃のこと。  「なんだか行き詰まってしまって、思い切って屋久島に行きました。そしたら、屋久島の木には生命力がみなぎっていて、ある種のグロテスクさみたいなものがあって。でも特有のぬくもりもあった」  屋久島の太古の木々に感じたものが、後の作品に影響してきたのだそうです。  「形あるもの=有機的なものが好きなのかなと思っていたんですが、そしたら体に興味がでてきて、日頃自分の体内にある曖昧な、わからない存在を描こうと思いついたんです。それから木炭を使って心臓とかを描き始めました」  木炭は原始、いちばん最初の画材。それを使っていると、「何か感じるものがある」のだという藤原さん。漠然として言葉にならないもの、そして生きているということ――。首元に手をあてれば脈拍がわかる。心臓の音、そこから体中に行きわたるリズム。それらは生きている証。それを感じるため、藤原さんは、ときどき実際に体を触り「生きている」ことを確認しながら制作を進めています。  「描きたいのは、命。掴みどころのない命という存在。木炭と命も、繋がっている気がします」  それらを描いた作品を見せる場がない、ということで応募したのが、OASISアーティストプロデュース。「誰にも見せずに抹殺するのもかわいそうだなと思って!」と、親心にも似た愛情をのぞかせる藤原さん。ぜひ会場で、彼女の表現する「命」に触れてほしいと思います。  ちなみに、タイトルの「どこまでも青い空がつづいている」とは、大分市内のあるギャラリーに飾られていた、子どもの硬筆作品に書かれていたフレーズだそうです。  「周知のことだけれど、実際に一望することは人間にはできない。それが、掴みどころのない命と同様のことに思える。自分が自分の命を感じ、他のものの命を感じようとしながらつくることが、作品に力を持たせてくれるのではないかと、私は信じています」  「どこまでも青い空がつづいている」というタイトルからはとても想像しがたい、一見グロテスクなモノクロの画。このギャップに余計、見る側は興味をくすぐられます。  藤原雪さんの絵は、木炭(チャコール)で描かれています。09年最初のアーティストプロデュースでは、そんな「藤原雪」の世界に、どっぷりと浸かってしまいそうな予感。  画材は木炭がいいという確信にたどり着くまでには、試行錯誤があったのだとか。ちょうど今から2年ほど前、ポップアートの影響を受けて、形あるものを点描したり、木炭で描いたりしていた頃のこと。  「なんだか行き詰まってしまって、思い切って屋久島に行きました。そしたら、屋久島の木には生命力がみなぎっていて、ある種のグロテスクさみたいなものがあって。でも特有のぬくもりもあった」  屋久島の太古の木々に感じたものが、後の作品に影響してきたのだそうです。  「形あるもの=有機的なものが好きなのかなと思っていたんですが、そしたら体に興味がでてきて、日頃自分の体内にある曖昧な、わからない存在を描こうと思いついたんです。それから木炭を使って心臓とかを描き始めました」  木炭は原始、いちばん最初の画材。それを使っていると、「何か感じるものがある」のだという藤原さん。漠然として言葉にならないもの、そして生きているということ――。首元に手をあてれば脈拍がわかる。心臓の音、そこから体中に行きわたるリズム。それらは生きている証。それを感じるため、藤原さんは、ときどき実際に体を触り「生きている」ことを確認しながら制作を進めています。  「描きたいのは、命。掴みどころのない命という存在。木炭と命も、繋がっている気がします」  それらを描いた作品を見せる場がない、ということで応募したのが、OASISアーティストプロデュース。「誰にも見せずに抹殺するのもかわいそうだなと思って!」と、親心にも似た愛情をのぞかせる藤原さん。ぜひ会場で、彼女の表現する「命」に触れてほしいと思います。  ちなみに、タイトルの「どこまでも青い空がつづいている」とは、大分市内のあるギャラリーに飾られていた、子どもの硬筆作品に書かれていたフレーズだそうです。  「周知のことだけれど、実際に一望することは人間にはできない。それが、掴みどころのない命と同様のことに思える。自分が自分の命を感じ、他のものの命を感じようとしながらつくることが、作品に力を持たせてくれるのではないかと、私は信じています」

藤原雪 個展
「どこまでも青い空がつづいている」
日時 2009年1月9日(金)〜18日(日)
10:00〜19:00
※13日(月)は休館日。最終日は17:00まで
会場 iichiko Space Be 県民ギャラリー
料金 入場無料
主催・お問い合せ/ (財)大分県文化スポーツ振興財団 TEL097-533-4004

 1 | 2  

このページのTOPへ戻る