Vol.39 2008 WINTER

舞台裏探訪 emo LOOK BACK

歌劇《椿姫》 ウィーンの森バーデン市立劇場 
オペラ・オペレッタクラシック ウィーンシリーズ提供
iichiko PRESENTS 大分公演

2007/10/10(水) 18:30開演 iichikoグランシアタ

14:00

ツアー中のさまざまなお世話をする小林陽子さん。底抜けに明るい徳島県人だが、こういった仕事をフリーランスの立場でこなしている。緑色の箱、実はぬか床。長いツアーの間に腐らせてしまうのがイヤで旅先にいつも持ち歩いているとか。陽子さんの案内するバックステージツアーは冒険心満載で楽しい。元主婦だった陽子さん、「私のバックステージツアーのテーマは“家政婦は見た”」。

ゴミの分別だって、ちゃんと!

字幕を担当している杉元長史さん。今回観客全員に配られた解説書も杉元さんが制作したもの。字幕表現や表記にも杉元さんのこだわりがあって、アルフレード⇒アルゥフルェド、グレンヴィル⇒グルンヴィロ。本来の発音により近くという思いがあるのだそうだ。小林さんも絶賛する杉元さんの字幕。圧巻は4幕目、今まさに死に行こうとするヴィオレッタの心情が短い言葉で素晴らしく表現されていると評判をとったほど。杉元さんに今回のオペラの見どころを聴くと「舞台の隅々まで香る伝統的なウィーンの優雅さと品格。男女のあいさつの仕方、女性の仕草や立ち居振る舞い一つをとってもそこにウィーンを見ることができる」と。

演出監督でウィーン生まれのルチア・メシュヴィッツさん。大分初公演で初来県。「この施設は本当に素晴らしいと驚いたの」とメシュヴィッツさん。ここの雰囲気がとても気にいってくれたようで監督自ら舞台を案内してくれたり、ソリストたちにコンタクトをとってくれたりと、バックヤードでも大奮闘ぶりの親切さ。

16:00

今回はバックステージツアーも開催。県内の中高生を対象に募集した中から20名が参加。青少年劇場招待事業の一環で、もちろんこの後の本番も観劇。

実際に舞台衣装を持ってみてその重さに驚く学生たち。古典を忠実に再現しようというこだわりはもちろん衣装にもある。本物らしさ(らしさというより、ほとんど本物)を大切にするのはウィーンらしさを大切にしている表れでもある。細部にまでこだわった衣装や道具たちがいかに本番で輝きを放つか、その差は舞台を見れば歴然とするのです。

楽器や演奏者のいないオーケストラピットを見ることができるのもバックステージツアーならでは。

大在中学から参加した羽田野京さんと林さやかさん。オペラを鑑賞するのは初めてならバックステージの見学ももちろん初めて。印象的だったのはやはり衣装とメイクだったとか。「このオペラを見ていたら興味が湧いてきて、今度はシェークスピアのものも見てみたい」と。小林さんからの「三幕目、舞台の端でオジサンのしていることは?」という宿題も「サンドイッチ食べてました」とご名答。ちなみにサンドイッチも本物で、具だって違うそうです。

カラオケで親睦、ではありません。とっても綿密にサウンドチェックが行われています。カーテンの開閉もストップウォッチでタイミングを計っています。カーテンコールのタイミング、“間”も大切な舞台演出なのです。

字幕の切り替えにも神経を使います。絶妙のタイミングで観客の心情を支えるのだ。

ついにバックヤードにも噂の二人が登場。そう、椿姫の主人公、ヴィオレッタとアルフレード。なんと舞台シーンを再現!ユゥリィア・コォッチィーさんとマァイケェルゥ・スパイレェスさん、ありがとう!

開演間近だというのに舞台監督のメシュヴィッツさんが連れて来てくれた男性。ただのオジサンではありません。父親のジョルジョ役を演じるゲェオルゥグ・ティッヒィィーさんは、なんとウィーンの宝ともいわれている超有名なバリトン歌手なのです。「どこか冷酷にも見える父親役だが、家族を守るために時には非情にもなるその気持ち、理解できないでもない」と。

三幕の舞踏会が開かれる館の主人・フォロォーラァ役のカタリーナ・バルディックさんも。

前のページ  1 | 2 | 3  

このページのTOPへ戻る