Vol.39 2008 WINTER

マラーホフの贈り物2008(バレエ・ガラ)

Vol.39 2008 WINTER

昇華

sublimate a motion into art

 高く軽やかな跳躍、繊細な足捌き、柔らかくしなる腕――人間離れしたダンサーの技も、容姿も、息をのむほど美しい。それは厳しく体を鍛え抜き、心を磨きあげてこそ発揮できる昇華した美であり、表現できる者だけが舞台という頂に立つことを許されるのだ。

表紙イラスト/バレエダンサー

 「体重を感じさせないジャンプ」「空中で浮遊するかのよう」。マラーホフの素晴らしいダンスの中でも、特にジャンプはこのような讃辞を耳にします。常に技術を研鑽し、さらなる高みへと跳躍しつづけるその背中に、観客は大きな翼を見るのではないでしょうか。

(有)プリズム・河村友紀

このページのTOPへ戻る