Vol.35 2007 WINTER

ウクライナ国立歌劇場オペラ
タラス・シェフチェンコ記念
キエフ・オペラ 『トゥーランドット』

2006/10/12(木)18:30開演 iichikoグランシアタ

 その引退が惜しまれる三大テノールの一人、ルチアーノ・パヴァロッティがトリノオリンピックの開会式で歌い上げた名曲は、金メダリスト荒川静香のイナバウアーとともに日本人の心に強烈に印象づけられました。日本人なら誰もが知る所となったアリア『誰も寝てはならぬ』をはじめ、素晴らしい曲が散りばめられたプッチーニ未完の遺作『トゥーランドット』が再び大分へ。初来日となったキエフオペラ(ウクライナ国立歌劇場オペラ)の豪華な舞台と圧倒的な力に、”これぞオペラ!“ともいうべき魅力を再発見した人も多かったのではないでしょうか。カーテンコールでは拍手の鳴り止まなかったあの舞台。そのバックヤードでの様子をお伝えしてみましょう

舞台準備

 この美しい背景が衣装に重なると何ともいえない幻想的な奥行きができあがるのです。

 開演3時間前に皆さん到着。スタッフを含めて総勢210名の大移動です。10月だというのにまだまだ暑い日本に驚きでしょう。奴隷娘のリューという重要な役を演じたリリア・フレヴツォヴァさんは見事なソプラノを披露。

衣裳と小道具の数々。

小道具の数々。

 大道具さんを見ればこのセットがいかに大掛かりなものかがおわかりいただけるでしょう。物語の展開といい、何もかもがダイナミックなオペラです。

 舞台は中国。とはいっても、西洋人の描いている中国のイメージは若干“洋”のテイストが漂うもの。

 体の大きなロシア人を支えるにはこれが一番。見える部分だけを衣裳に合わせた舞台用の靴。この大きさも伝わるといいのですが…

舞台裏で見つけたロシアのおもしろ食文化?! emoの視点

 お昼ご飯で〜す。ロシア風のおかゆから缶詰まで、大分ではあまり目にすることのないお弁当?を各自持参しているのが驚きです。

 こちらは貴重な外食風景。オアシス近所のラーメン屋さんで遭遇。チャンポンとハヤシライスを注文すると「トッテモオイシイデス」

 日本のカップめんは大人気。皆さん上手にお箸を使ってお外でランチです。

 楽屋裏でケータリングのサービスを行なうスタッフが走り回っている。その理由は「予定をはるかに超えるお砂糖の量で急きょ買い足し中です」とのこと。予定していた1kgの砂糖があっという間になくなり2kgを追加。「今は笑ってられるけど、メンバーが来たらそりゃあもう凄いことになるんですから」

それもそのはず、マイカップに大さじで何杯も何杯も砂糖を入れる様子は日本人には見慣れない光景。日本人の感覚で用意しておいたお砂糖では全然足りません。

 1 | 2  

このページのTOPへ戻る