Vol.35 2007 WINTER

干潟/杵築市・守江湾


あすもある
干潟と思いゆきてみず

山口波津女

 世界有数の海岸国といわれる日本。
  断崖絶壁から白砂青松まで、実に多様な海辺の風景をみせてくれる。
  羽衣伝説や貫一お宮の派手な大ロマンこそきこえてこないけれど、河口に広がる干潟は川の養分、海の養分に加えてたっぷりと陽射しを受けて、豊かな命をはぐくむ。
  1日2回の深呼吸、潮の干満に合わせて海になったり陸になったりしながら正しく時を刻み続ける。
  そうだ、干潟は海の里山なのだ。

絵・文/建築家 山口隆史
写真/ 宮地泰彦

このページのTOPへ戻る