Vol.35 2007 WINTER

”今感じるもの“を身体で伝えてみよう

砂連尾 理+寺田みさこ ダンス創作ワークショップ

撮影協力/京都芸術センター

今自分が感じているものごとを具現化

 表現方法が多彩で、カンパニーの個性が際立つコンテンポラリーダンス。一見”何でもアリ“ですが、感情や衝動に任せて踊ればいいというものではなく、今感じることをどう具現化するか―考えることから出発します。
  砂連尾理さんと寺田みさこさんは、日常の動作を振り付けに取り入れながら、感じるものをどう「身体で表現するか」にこだわって作品を発表し続けているコンテンポラリーダンスデュオ。2月2日から3日間開かれるダンス創作ワークショップに講師としてお招きするお二人を、活動拠点である京都に訪ねました。

”違い“は出発点かつ新たな価値

 お二人は作品の振り付け・構成・演出・出演の全てを共同作業で行います。それは「相手が圧倒的に自分と違う価値観や技法、表現形態を持っているから」(砂連尾さん)。思っていることがそのまま通じないという前提があるからこそ、まず目の前の相手に対して、自分の伝えたいものや技法を考えます。それは相手を通し、観客に伝えることにもつながるから。
  創作過程で次々発見する、互いの中の違い。「『本当にこれでいいのか?』という視点を持ち続けることは、『いま』っていうものを感じ取っていくうえで大きなことだと思うんです」(砂連尾さん)。違いを合意させ融合に導くのではなく、同じ空間に立ってぶつけあうことで、発想や伝えたい内容を突き詰めていきます。
  「ものを創ることの可能性を感じるからこそ…っていうことなんかな? 新たな価値に対して興味を持ち合えるというか」(砂連尾さん)。それがデュオで創作するよさであり、活動の原動力ともいえそうです。

写真(上):小熊栄
写真(下):平野愛

自分とは異質の凄さを持つ相手

 デュオを結成して15年。砂連尾さんはダンサーとして「最後の最後まで完璧を求めるしつこさ」と「瞬発力」に、寺田さんの凄さを感じるといいます。
  かたや寺田さんは、砂連尾さんの選曲センスにいつも驚かされるそうです。ワークショップの現場では「提出された動きやピースにぴったり沿う曲ではなく、さらにイメージや見方を広げてくれるような音を直感で、すっと選んでくる」。
  自分には真似できない力をパートナーが持っていてくれることで、創作はさらに深まります。

身体を動かして新感覚を発見!

 参加者自身がダンスを作るワークショップ。全くの初心者なら「発見をしたい、今までにないものと出会ってみたい、という気持ちで気楽に来てみてください」(砂連尾さん)。
  まずは身体を動かしてほぐすことで、普段気づかなかった身体の感覚や快感を発見することでしょう。そこから発想や自分の持つイメージを「それって身体でやってみたらどうなんやろう?」(寺田さん)という創作の世界に入っていきます。参加者同士で互いの動きや発想に触発されたり、コメントしあうことで面白さも増すそうです。
  お二人も「一般の人たちの、既成概念にとらわれていない身体や発想を見ていて感じる面白さっていうのは大いにあって吸収するものも多い」といいます。
  素の自分の中に眠っている「えもいわれん」サプライズ。身体をほぐしながら、起こしてみてはいかがでしょう。

砂連尾理(上)
寺田みさこ(下)

砂連尾理+寺田みさこ

じゃれお・おさむ+てらだ・みさこ
1991年より共同で活動を開始、京都・大阪を中心に作品を発表している。2002年3月「第1回トリイ・アワード」大賞、7月「トヨタコレオグラフィーアワード2002」において「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」をW受賞する。また1994年より京都市でワークショッププログラム「ダンスパフォーマンスワーク」(主催/京都市東山青少年活動センター)の講師、2002年より京都造形芸術大学で非常勤講師を務めている。ASIAS(NPO法人芸術家と子供たち)の委嘱により、京都府下の小学校でも児童の創作ダンスの指導にあたる。代表作/「あしたはきっと晴れるでしょ」「ユラフ」「I was born」他

Dance Lovers Project 2006 ダンス創作ワークショップ
日時 2007年2月2日(金)18:30〜21:00
3日(土)13:30〜16:00/17:30〜20:00
4日(日)11:30〜14:00/16:00〜18:00
会場 iichiko Space Be リハーサル室
講師 砂連尾理+寺田みさこ
参加料 5000円(全クラス通しのみ)
定員 10名程度
主催・お問い合せ:「踊りに行くぜ!!」大分実行委員会  TEL090-6633-5175(中島)
共催:(財)大分県文化スポーツ振興財団  協力:NPO法人Japan Contemporary Dance Network

このページのTOPへ戻る