機関誌emo 18号表紙
 
▲Vol.18表紙

 

 

 



   
ピエール・ブーレーズとロンドン交響楽団

『小澤征爾は知っていても、ブーレーズなんて知りません』
 この声の何と多いことでしょう。
 “世界のオザワ”は知っていても、ピエール・ブーレーズの名前はまだまだ一般に浸透しているとは言い難いようです。
 ところが、このブーレーズ、作曲家としても、指揮者としても、世界の超一流であり、現代を代表する音楽家として確実に音楽史に残る人なのです。

「エモ」は、Emotion(感動・感激・情緒)えもいわれん(言葉にならないほど素晴らしい)
そして、Enjoy More Oitaの略。皆様に情熱や感動をお伝えすることが小誌の使命です。
季刊誌emoは年4回発行します。
   
お問い合わせ:大分県大分市高砂町2番33号オアシスひろば21内 TEL:097-533-4000 (代表)